発達障害の方、発達障害かなと思ってる方、医者に行けばいいってもんじゃありません。当事者会っていうものがあるんですよ!

当会は発達障害の自助会です。主に茶話会、つまりおしゃべり、雑談をします。

 

医師や医療関係者だけでなく、当事者同士がピアサポートすることの大切さは近年認められてきており、最初は自分は発達障害かもしれないが発達障害の人を見たことがないので一度見てみたい、

 

から始まり、各自、それぞれ様々な発達障害の特性があることがわかり、発達障害っていろいろあるんだ、自分と似た特性のある当事者と話してみよう。という感じで進んでいきます。

 

発達障害で困っている特性をみんなで披露しあう、「発達あるある」も参加者間の共感を得られる楽しいおしゃべりのひとときです。

 

本やネットで発達障害っていうのを見たけど、どこにいったら診断してくれるの?障害者手帳や、障害者年金の申請ってみんなどうしてくるのかな?仕事が特性ゆえうまくできないけどどうしたらいいのか。どうやって仕事を見つけたらいいのか仕事を続けるのが大変だけど。と実際に当事者同士で話すことは意外にいいもんです。

 

当事者研究なる言葉もあって、いろいろ本に書かれているが発達障害って実はこんな障害だよ、とか。発達障害ゆえの生き辛さは本人の問題?社会の問題?なんてたまに難しい話題があったりもします。

 

自分が発達障害であることもオープンにして、日頃のストレスから解放されるだけでも意義があると思います。さあ、みなさん。お菓子を持ち寄って、気楽なおしゃべりをしましょう。

 

                                      H26.9.28 くすぼう

★★★★★★★

茶話会では、発達当事者の参加者相互によるピアサポートを目的として、同じ発達障害で個人的課題を抱える当事者同士が集まり、ミーティング形式で行います。
参加者全員が円になって、ひとりずつ順番に話し役になり、自分の経験や現在の状況、思いなどを語る(簡単な自己紹介程度でもいいし、話したくない人は無理に話さなくても構いません。他の者は話に傾聴します。「言いっぱなし」「聴きっぱなし」が原則であり、感想を述べたり助言をすることは基本行いません。

「普段、口にできないようなことでもここでなら話して聴いてもらうことができる」

というのが大きな特長であり、また、人の話を聴くことによって自分の気づきも促され、各自の成長・回復へとつながっていく、という利点があります。ファシリテーターは、今回は主催者が行う予定ですが、やりたい方はその場でお申し出ください。

参加者は、ありのままの一人の人間としてお互いを尊重し、「共感」と「受容」を大事に話します。これにより自然治癒的に心が「適応」、「回復」していくことをお楽しみください。

 「話したい事柄を、自由に話す事のできる安心した環境」

「相手から批判されることなく、話す内容を受け入れてもらえる信頼できる人間関係」

「共感的な温かい雰囲気の中で、心理的な問題や苦悩について率直に話し合う」

 

これらによって成長促進や問題解決の効果を得られる、これが茶話会の目的です。

                                 26.12.6 みどる世話人 くずぼう

https://www.kokuchpro.com/event/aoi12/entry/

 

第12回「あおい」発達障害当事者会(12月)

2018年12月15日(土) 17:30〜20:00

https://www.kokuchpro.com/event/aoi12/

【今回のテーマ】
「レジリアンス」
ストレスや逆境があっても、それを乗り越える人たちがもつ性質をレジリアンスという。病気になるメカニズムより、この竹のようなしなやかさを調べたほうが役に立つだろう。
(「リカバリーの学校の教科書」より」
http://www.editex.jp/books/267_recovery.html
洞察力、独立心、関係を築く力、積極性、創造性、ユーモア、モラル(利他主義)という7つのレジリアンスがあれば、ストレスがあってもリカバリーしやすいこと統計上わかっています。

(予備テーマ「多数派と少数派の違い(障害者は少数派であり健常者である多数派の会話のルールはどうなっているのか」「依存(物質に依存、自分の能力に依存、遠くのカリスマに依存。心の傷から依存症になる仕組み)」「ナルシスト(理想と現実の違いが許せない人の対処法」「」過剰一般化記憶(OGM:抽象的な語りになること(自殺傾向が強くなるとOGMになりやすく危険のシグナルとなるが、ASD等もOGMになりやすく話全体に占める「具体的なエピソード」の割合が少ない。)」)

【目的】
 発達障害等の当事者がゆるくおしゃべりしながら学ぶ場です(雑談会、ミーティング、学習会)です。
 初めての方歓迎です。遅刻、早退、中抜け可です(進行上開始時間に集まっていただければありがいはありがたいです)。 
 話しても話さなくてもいいし、自分のスタイルで楽に参加できます。一人で参加しても複数のスタッフがついてますので安心です。
 参加者の誰もが安全で、温かく、心穏やかに過ごせる、気楽に話せる、気軽に聞ける当事者の学ぶ場、憩いの場、あなたの居場所になるような会にしたいと思います。

【対象】
以下の1と2の条件を満たす方または3の方に限ります。
1 成人の発達障害の特性をお持ちの方。
2 現に就労している方(経験者含む)
3 その他主催者が参加を相当と判断した方
※当団体の趣旨から、対象者の方であっても、会の進行上、主催者の能力不足で対応できないと判断した場合等は、参加をお断りしますので予めご理解ください(iできる範囲のことはします)。
事情により開催日までの間にやむをえず中止することがあります。中止のご連絡をご登録のメルアドにお送りすることがありますのでメールにご注意ください。
「3 その他主催者が参加を相当と判断した方」で参加希望の方は、要個別事前相談。
https://kusubouki.wixsite.com/mysite/contact

【内容】
司会者の進行で進みますので、初めての方も安心してご参加いただけます。
当団体は、別途「リカバリーの学校調布あおい校」を開催し、「リカバリーの学校の教科書」(EDIITEX)」の一部を使用して茶話会を開催しています。「あおい」発達障害当事者会においても、「リカバリーの学校の教科書」を使うこともあります。その場合はコピーを用意します。

およその流れは、
1 全体の説明 進め方の確認 参加のルールの確認
2 自己紹介+テーマトーク(決めたら質問1つに答える)
  (質問の例:忘れ物、失くし物 疲れ、気分転換 電話 好きな飲み物、好きな果物等)
3 学ぶ(今日のテーマの該当ページを読み合わせて、それについて話し合う。)
4 フリートーク(話してみたいこと、聞いてみたいこと等をお話しください。発言せず聞いているだけでもOKです。3が長引いたときは省略します。)
 人数により3、4人のグループに分かれて必ずしもテーマに拘らず話します。
5 感想(一人一言)
6 おわりに(参加したいときに参加できる会、参加しやすい会になるようにみなさんからの質問や意見を聞かせていただきます。)
・・・・中締め もちろんここで帰るのもOK。
7 フリースペース
 本やパソコンを持ち込んで、自由に読書したり作業したりする場で、分からないことや議論したいことがあれば、居合わせた仲間に話しかけてみることも可能な場です。
7 あとかたづけ

です。

<参加するにあたって>
話したくないときは話さないで聞いているだけでもかまいません。司会者にその旨伝えるか、当てられたとき「パス」と言ってください。
自分の体験談等をそれぞれ話し、傾聴し、共有します。自分の考えや体験が違っても、批判したり、偉そうにいったりしないで、お互い尊重しあって進みます。
ここで会った人や、聞いた話はみなさんも内緒にしますので、安心してお話しいただけます。
当方で飲み物やお菓子を用意することがありますが、飲食は自由ですので、持ち込みも可です。飲み物等を買いに行くのも自由です。差し入れも歓迎です。ただし、ゴミは、会場では捨てられませんので、みんなで分けて持ち帰ります。
途中で気分が悪くなったときは、司会やスタッフに声がけ願います。トイレ、休憩等で席を立つのも自由です。遅刻早退も自由です。

【参加費】
参加費は無料ですが、500円を運営経費にご協力願います。

茶話会参加時の注意事項
一般の社会常識を守っていただければご参加願います。
*具体的な内容をお知りになりたい方は↓
https://kusubouki.wixsite.com/mysite/blank-1

次回の予定はこちらでご確認ください。
あくまでも予定のため、念のため開催直前にもご確認ください。
https://www.kokuchpro.com/group/aoi/